オーガニックパパの野菜のご紹介

スイスチャード(不断草)

ほうれん草に似ていますが、

茎や葉脈の部分がカラフルなのが特徴です。

β-カロテン、ミネラル、ビタミン など

特徴:

栄養:

食べ方:

基本的には、ほうれん草と同じです。

若い葉はサラダやスムージーに。成長した外葉や茎はアクが強いようなら茹でてアク抜きしたり、炒め物に。

ネギとよく似ていますが、ネギよりも葉がしなやかで、下の部分が結球して少し膨らんでいます。 東日本では、分けネギ や あさつきも「わけぎ」として扱う場合がありますが、オーガニックパパでは「わけぎ」という種を扱っています。

特徴:

β-カロテン、食物繊維、硫化アリル、ビタミン(C, K) など

栄養:

食べ方:

わけぎ

酢味噌で和えて食べる「ヌタ」はもちろん、ネギやニラのような感覚で鍋物や卵とじにしても美味しいです。トッピングに青みが欲しい時にも重宝します。

丸くて赤く、彩りがよくなるので、薄く切って添えるだけで華やかになります。

漬物やサラダなど生食が一般的ですが、熱を加えても食べられますし、和・洋・中華、なんでも合います。

食べ方:

ラディッシュ(二十日大根)

特徴:

ヨーロッパが原産の大根。表面が黒く、丸くてカブのような形をしています。

黒い部分はポリフェノールの一種、アントシアンです。

栄養:

生で食べるとやや辛味が強く、火を通すとほっくりジャガイモのような食感になります。

煮物、ポトフやシチュー、和洋なんでも合います。つけあわせにもどうぞ。

黒丸大根

​ルッコラ

特徴:

ゴマに似た香りと辛味が特徴のハーブです。

栄養:

ルッコラは緑黄色野菜で、β-カロテンや鉄、その他栄養素を豊富に含みます。

ルッコラの辛味の元は、ワサビ・大根などに含まれるアリルイソチオシアネートという成分で、抗酸化力・殺菌力があります。

食べ方:

生で食べることが多く、サラダの具の1品にしたりカルパッチョ、ピザ、生ハムに添えたりなどが一般的ですが、ほうれん草のようにお浸しにしたり、和え物、炒め物にも。

つぼみ菜(子持ち高菜/児菜)

特徴:

子持ち高菜の芽の部分です。

旬が1月~3月中旬と短く、生産している地域も少ないため、市場に出回る機会が少ない野菜です。

栄養:

GABA(γ-アミノ酪酸)

カカオにも含まれ、リラックス効果があるといわれる成分です。

生でも加熱しても食べられます。生で食べるとコリコリとした食感に、カラシ菜特有の辛味があります。辛味が苦手なら天ぷらがオススメ。炒め物、スープなどに入れても美味しいです。

ロロロッサ・ロログリーン

特徴:

サニーレタスの一種。ロロロッサは 葉先が赤く、ロログリーンは緑です。

球状にならず、柔らかい葉をつけます。ロッサの方が若干クセが強めです。

栄養:

​βカロテン、ビタミンC、ビタミンB1 など

柔らかいレタスなので、基本的に生食でサラダにするのがおすすめ。シャキシャキした食感と、ほろ苦い風味が特徴ですが、柑橘系のフルーツとサラダにしたり、フルーツソースにも合います。

食べ方:

食べ方:

食べ方: